日本政策金融公庫融資相談、制度融資相談、事業計画書作成、公的融資による資金調達サポートなら公的融資・資金調達全国マップにお任せ下さい。

公的融資・資金調達全国マップ » 資金調達実践ノウハウ » ビジネスローンの賢い活用法

資金調達実践ノウハウ

ビジネスローンの賢い活用法

ビジネスローンとは、個人事業主や中小企業など、事業を営んでいる個人・法人を対象にしたローンのことを呼びます。

ビジネスを継続する上では、資金調達手段を確保することが重要ですが、金融機関の融資や公的融資は審査に時間が掛かり、融資が下りるまでに数週間掛かる場合も珍しくありません。

ビジネスローンは金融機関や専門業者が取り扱っており、融資実行までのスピードの早さが特徴です。数日で融資されることから、すぐに資金が必要な時に最適な方法と言えます。

ビジネスローンは総量規制の対象外で、これは個人事業主の方にとって大きなメリットとなります。個人事業主が金融機関・公的機関以外で資金を借りる場合、総量規制の影響を受け、年収の3分の1までしか借りられない場合も珍しくありません。しかし、ビジネスローンは総量規制の影響を受けないため、年収の3分の1を超える融資を受けることが可能なのです。まとまった資金が必要な時は強い味方となってくれるでしょう。

また、融資実行のスピードが早いことから、早急に資金が必要な時にも最適です。例えば、すぐ運転資金が必要な時に銀行の融資を待っていると、その間に資金が尽きてしまうリスクがあります。ビジネスローンは数日で融資が下りますので、繋ぎ資金が必要な際には最良の選択肢となります。

大規模な設備投資を行う時や、新規事業立ち上げの際にも、ビジネスローンが候補となるでしょう。銀行などの融資とは異なり、担保や保証人を求められることがありません。無担保でも融資を受けられますので、リスクを抑えつつ設備投資・事業立ち上げを実行できます。特に売上も実績も無い新規事業立ち上げ時は大きなメリットとなるでしょう。

しかし、ビジネスローンは非常に多くのメリットを持つ反面、金利が高い欠点があります。金融機関などの融資は審査が厳しく、担保を求められることがあるものの、金利は低く抑えられており、長期間の借り入れでは負担を軽減できます。一方のビジネスローンは金利が高いことから、長期間の借り入れには向いていません。利息の負担が増え、キャッシュフロー悪化を招くおそれがあります。

ビジネスローンを活用するなら、短期借り入れが向いているでしょう。審査が金融機関よりもやさしく、融資実行スピードが早いメリットを活かすことが重要です。つなぎ融資や運転資金、設備投資など、ビジネスローンは様々な用途に適していますが、金利の高さは念頭に置いておきましょう。

創業融資支援なら審査通過率90%、平均融資金額1000万円以上のKIK

  • 自信があるから、完全成功報酬
  • 完璧な審査書類の作成
  • 公認会計士がすべて対応
  • 徹底した事業レビュー
創業融資サービスKIK





融資申請マップサービス案内




融資申請の専門家の皆様へ

公的融資・資金調達全国マップに登録しませんか?各地域3名限定!随時募集中!


公的融資・資金調達全国マップオープン!無料メルマガ登録で、「公的融資実践レポート(無料)」プレゼント実施中!2010.04.05