日本政策金融公庫融資相談、制度融資相談、事業計画書作成、公的融資による資金調達サポートなら公的融資・資金調達全国マップにお任せ下さい。

公的融資・資金調達全国マップ » 資金調達実践ノウハウ » リース契約のメリットとデメリット、公的融資を受ける場合との違いとは?

資金調達実践ノウハウ

リース契約のメリットとデメリット、公的融資を受ける場合との違いとは?

リース契約とは、商品や設備、機器などをリース会社から一定期間有料で借りる方法を指します。

レンタル契約と仕組みが似ていますが、レンタルは短期契約が目的であるのに対し、リース契約は長期契約・使用が前提です。

リースにはファイナンス・リースとオペレーティング・リースの2種類があり、この内オペレーティング・リースは中途解約が可能で、レンタルに近い仕組みになっています。

リース契約は総費用が割高になる欠点があります。100万円の機器をキャッシュで購入すれば、出費は100万円で済みますが、リースは月々の料金に手数料が上乗せされており、総支払額は100万円を超えてしまいます。

また、ファイナンス・リースは中途解約が不可能で、契約期間満了までは毎月リース料を支払わなくてはいけません。リース中の機器などの所有権はリース会社にあるため、自身の資産とはならない点にも注意が必要です。

しかし、リース契約のメリットは、少ない資金で機器や設備を利用できる点です。

例えば100万円の機器が必要な時、購入する際は最初に100万円を用意しなくてはいけません。しかし、リースは毎月所定のリース料を支払えば機器を利用できるため、初期費用は大幅に抑えられるのです。

少ない資金で機器・設備を利用できることから、資金調達が容易になる点もメリットと言えるでしょう。契約期間満了後は再リース契約を結び、更に期間を延長して利用できます。

公的融資は、日本政策金融公庫などから資金を借り入れ、機器の購入や設備の増設など、様々な用途に利用できます。

一方のリースは、主に機器・設備を借りることが目的です。

資金を融資してもらうのではなく、リース契約した機器・設備の現物をリース会社から借り、それを利用することになります。例えばオフィスの複合機や観葉植物、営業用車両など、現物を借りたい時に向いています。

公的融資はキャッシュ、リースは現物という違いに注意しておきましょう。

ただし、リース契約と融資を併用することは可能です。

そもそもリースは融資とは別枠であり、金融機関などから融資を受ける際の審査にも影響を与えません。

融資を受けることが難しい場合や、すでに融資を受けているような場合、リースで設備や機器などを借りる手段もあります。

設備や機器を購入する上で、融資を受ける事例は少なくありませんが、リースで済ませる方法もありますので、現在の状況を考慮して判断すると良いでしょう。

実際の融資の現場では、例えば500万円の融資希望を出していたけども300万円しか下りなかった場合、足りない200万円分の現物をリース契約することでなんとか300万円のキャッシュで開業にこぎつけるケースもあります。(リース料は開業後のキャッシュフローから捻出して支払っていくということです。)

創業融資支援なら審査通過率90%、平均融資金額1000万円以上のKIK

  • 自信があるから、完全成功報酬
  • 完璧な審査書類の作成
  • 公認会計士がすべて対応
  • 徹底した事業レビュー
創業融資サービスKIK





融資申請マップサービス案内


専門家PICKUP

横倉行政書士事務所

横倉 高晴
横倉行政書士事務所
(富山)

横倉行政書士事務所の詳細を見る



融資申請の専門家の皆様へ

公的融資・資金調達全国マップに登録しませんか?各地域3名限定!随時募集中!


公的融資・資金調達全国マップオープン!無料メルマガ登録で、「公的融資実践レポート(無料)」プレゼント実施中!2010.04.05